「シケル」と「ナギ」?

福岡の週末天気は雪と爆風でしたが、昨日夕方の博多湾は穏やかな天気で海は無風の凪状態でした。

DSC_0053

話は変わりますが、

釣りをされる方がよく使う言葉に、

「ベタ凪」→波が穏やかな事

「シケル」→海面が波立つ事

という言葉があります。

それで「シケル」という言葉ですが「場がしらける」や「しけた顔」

と同じ言葉という事をご存知でしょうか?

昔、漁師が海に出る際に海面が波立ち漁に出れない事を「しらける」=「シケテル」=「シケル」

といった事から「海が時化る」=「海が波立つ」と一般的に使われるようになったみたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで昨日は天気も良かったので、

新しく入居された方に志賀島や人工島を案内しました。

想像以上に福岡の海の色がきれいな事、自然が多い事に感動されていらっしゃいました。

 

ページトップヘ