離島の散策 Part1 (猫の島)

皆さんこんにちは。

『福岡』『博多』といえば大都会というイメージがあるかもしれません。

たしかに私の出身地の茨城県と比較しますと、大都会であることは間違いございせんが。

「博多」や「天神」から少し離れたところには、海の果てもと思わせるような自然豊かな離島がいくつもあります。

頻繁には離島へ渡ることはできませんが、このブログを通して少しずつご紹介できればと思います。

 

さて今回は新宮町にあります『相島』のご紹介です。

『相島』はホームから10分程度のところにあります新宮渡船場から北西約7.5kmの玄界灘に浮かぶ場所に位置しており、渡船で約20分程度で到着します。【大人】片道460円 【子供】230円

今回は、小学校6年生の長女と共に釣竿片手に相島へ行ってきました。

当日は天候にも恵まれ『ベタ凪』状態。最高の釣り日和、ではなく最高の散策日となりました。

『相島』は別名『猫の島』とも地元では呼ばれていまして、猫の楽園として猫愛好家の方などに親しまれております。

DSC_1071 DSC_1074 DSC_1076 DSC_1077 DSC_1072 DSC_1083

親子共々猫アレルギーということで、猫に触れ合うことはできませんでしたが、右を見ても左を見ても後ろを見ても猫・猫・猫・猫。

釣りに集中していますといつの間にやら猫が集まってきます。

 

DSC_1087 DSC_1080                      

猫以外の観光スポットと致しましては史跡や神社、古墳、万葉集や続古今集にも歌われている古い歴史があります。

また、島内には唯一のお食事処『丸山食堂』があり、水揚げされた魚介類のお刺身や季節によって変わる家庭的な料理が四季折々に楽しめます。

個人的にはサザエ炊き込みご飯と海鮮ちゃんぽんがお勧めです。

機会があれば立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 

【今回の釣果】ベラ2匹・オニオコゼ1匹・青ナマコでした。※全てリリース

グランドホームサンケア和白 角野

 

 

 

 

 

ページトップヘ