渋柿のその後

みなさん、今日2回目のブログです。

明日は秋の味覚「さんま祭りのブログ」を掲載しますので

本日中に渋柿の続編をお届けします。

下記の写真は入居者の皆さんとワイワイ雑談しながら

柿の皮をむいて紐に結ぶ作業です。

006004

「柿を焼酎に漬け込むと美味しいのよねー」

「私は梅酒が好きで、ブランデーに漬け込んでこの前飲んだら

めちゃくちゃ美味しかったんですよ。」

「ブランデーはそのまま飲んだほうが良いんじゃないの?」

「杏酒も美味しいわよね!」

等、会話が弾んでおります。

そこへ施設長が現れ、何を思ったのか渋柿を口に入れております。

それも一口ではなく、黙ってみていると3口程食べて

「この柿、渋柿じゃないですか!!

普通、一口目で気づくでしょ(笑)007作業が終わり柿を干し終えました。

干す期間は人それぞれらしいのですが2ヶ月~半年らしいです。

001

余談ですが、施設内の庭で柿が取れ、それを干すことの出来る施設は

そんなに無いのではないでしょうか!

ご興味のある方はお気軽に御来館・ご見学ください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

 

ページトップヘ