カツオの解体ショー

 

目には青葉 山ほととぎす 初鰹」

江戸時代の俳人、山本素堂が詠んだ俳句です。その当時、1本3両、現在の価値で100万円近くした高価なものだったそうで、庶民には高嶺の花だったようです。

 

本日、当ホームでは午前中にカツオの解体ショーを行い、昼食時にカツオのたたきをお出しいたしました。

 

 

IMG_0502

 

豪快にさばきます。

 

 

IMG_0503

 

今年は例年に比べて水揚げが大幅に減っており、入手するのに大変苦労しましたが、ご入居者の目の前で解体ショーを行い、料理長の華麗な包丁さばきを存分にご堪能いただきました。

 

 

IMG_0504

 

もちろん途中で試食もございます。

 

IMG_0505

 

昼食はカツオのたたきとお刺身です。

当ホームでは献立にお刺身は毎週入っておりますが、解体ショーというのは初めてでした。

 

IMG_0507

 

お昼からたくさんのお刺身が食べれて大満足でした。

来月もイベント食を行います。いつもと違ったお食事をご用意いたしますので、お楽しみに。

ページトップヘ